« 麻衣/真理モデルのバージョンアップ | トップページ | DAZstudioでロリ魔法使い作ってみた »

2015年9月 4日 (金)

体内への旅

自作モデルの真理のバージョンアップで追加された体内を紹介してみます。意味がわからない人もいると思いますが、気にしないでください。

Vore1
こころなしかちょっと恥ずかしそうな真理。ちなみにモデルを10倍くらいにしないとカメラが体内に入れませんん。
Vore2はーいあーんして。
Vore3

うごめくヌラヌラした口蓋垂と扁桃。地面にはしっとりやわらかな舌のじゅうたんが
広がってます。

Vore4舌根がある断崖を除き込むと気管と声帯が。本人の呼吸音と笑い声などはここから聞こえるから不思議な感じです。
Vore5この世の最後の光景。歯並びも作りなおしました。
Vore6嚥下(えんげ)運動、つまり飲みこみをすると食べ物が舌に押し出されて気管が閉じ、舌と気管と喉全体の床が持ち上がる感じで押しこまれます。手前に見えるのはせり上がってきた気管。飲みこむと喉がごくって動きますが、あれは食べ物が通ってるのではなく、気管の軟骨(喉仏)が上がってるためです。なので喉のふくらみは下じゃなくて上に動きます。(私も調べるまで勘違いしてました)上に変な線が見えるのはテクスチャのミス。
Vore7秒速四センチで胃に直行。気管に食べ物が詰まらない仕組みが実に巧妙です。
Vore8しかし行き止まり。ここから這い上がれば助かるかも?と少し希望を持つかもしれません。
Vore9しかしこれは噴門。胃液の逆流を防ぐために普段は閉じてるのでした。獲物を見逃さずに容赦なく開きます。
Vore10このモデルでは再現してませんが食道も蠕動運動して獲物を押しだします。出た先は胃の天井。つかまる場所が無い高みから一気に転落。
Vore11柔らかい地面に着地。胃液はありませんが幽門(出口)はしっかり閉じてます。消化するまで脱出させません。
Vore12上を見上げるとゆっくり閉じて行く噴門。絶望的な光景です。胃の中ではタンパク質は解けるのに三時間くらいはかかるので、かなりゆっくり恐怖を味わえます。
Vore13何が起こってるのかわかってない真理。人体は本人の意識とは関係なく自律的に獲物を消化吸収するのが恐ろしい。最後まで読んでくれた方、お疲れさまでした。

« 麻衣/真理モデルのバージョンアップ | トップページ | DAZstudioでロリ魔法使い作ってみた »

コメント

滅茶苦茶綺麗な体内!ぜひとも動画で!

素晴らしい!歯並び、声帯、そして胃袋、リアルさと女の子の可愛らしさ、たまりません!

ちょっと食われてきていいですか?

いっつも更新楽しみにしてます!
クオリティの高さがやっぱり凄いです!

素晴らしい!!!私も食べられてしまいたいです。

Say do you think you could make this something that could be downloaded. The whole human body to the stomach thing maybe?

これは楽しみすぎる!MMDであそんでみたいものです!

初めてコメントさせて頂きます。
私は大学で主に生理学を学んでいる者ですが、消化器をここまで綿密に再現されている事に感動を覚えました。
特に蠕動運動の説明には強い拘りを感じます。
私はMMDを動かせる環境にはありませんが、いつか是非触ってみたいと考えております。
ところで恐縮ですが、今後このMMDモデルを用いた動画の制作は考えられていらっしゃいますか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582660/62216401

この記事へのトラックバック一覧です: 体内への旅:

« 麻衣/真理モデルのバージョンアップ | トップページ | DAZstudioでロリ魔法使い作ってみた »